• HOME
  • 「端午の節句」ってどんなもの?

毎年5月5日に行われる男の子のための行事「端午の節句」。家族みんなでちまきを食べたり、よろいかぶとを飾ったり……という過ごし方をするご家庭が多いと思いますが、その由来や正しい作法などについて正確に把握している人は案外少ないのではないでしょうか?せっかくの行事をもっと楽しみ、意味のあるものにしていくために、端午の節句に関する豆知識を覚えておきましょう。

端午の節句の由来

端午の節句の発祥は、今から約2300年前の中国と言われています。楚(そ)という国で詩人や政治家として活躍していた屈原(くつげん)という男性が陰謀に巻き込まれ、国の将来を悲観して泪羅(べきら)と呼ばれる川に身を投げたのですが、彼は非常に国民から愛されていたため、その体が魚に食べられてしまわないようみんなで川にちまきを投げて守ったのです。屈原の命日が5月5日だったことから、毎年この日になるとちまきを使ったお祭りが行われるようになり、やがて病気や災厄を避けるための宮中行事となって、三国志の時代に日本にも伝わりました。
ちなみに、端午の「端」は「はじめ」という意味であり、「端午」は5月最初の午の日を表します。午が5につながることから、5月のはじめの5日を端午の節句を祝う日と定めたという説もあります。

なぜ、ちまきだったのか?

端午の節句のルーツが昔の中国にあることは分かりましたが、それでは、なぜ川に投げ入れる食べ物がちまきだったのでしょうか?実は、これには「龍」が関係しています。 せっかく屈原のために投げ入れた食べ物も、彼の元へ届くまでに川に住む悪い龍に食べられてしまう。この状況をなんとかせねばと知恵をしぼった結果、龍が嫌う楝樹(れんじゅ)という葉でもち米を包み、さらにその上から邪気をはらう五色の糸で結んで流すことを思いついたのです。この方法を使うようになってから、ちまきは無事に屈原の元へ届くようになったといわれています。
ちなみに、ちまきと並んで端午の節句に食べるお菓子として有名なかしわ餅は、江戸時代に行事用として定着しました。由来は、かしわの木に神が宿っていることや、新芽が出るまでは古い葉が落ちないことから「家系が途絶えない」とされ、縁起の良い植物ということで、この葉であんの入った餅を包んだのです。中に入れるあんには小豆を使ったものとみそ味の二種類があり、つるつるした葉の表を外側にしてあるものが小豆、ざらざらした葉の裏が外側になっていればみそと区別しています。

端午の節句が男の子のお祭りになった理由

権力の中心が貴族から武士に移る江戸時代になると、菖蒲(しょうぶ)と尚武(武を重んじる)をかけて、端午の節句=跡取りである男の子の息災を願う日として広まっていきました。しょうぶは、その強い香気で邪気を払うといわれ、昔から端午の節句には欠かせないものだったのです。現在でも、5月5日にはしょうぶの湯に入るという習慣が残っています。

よろいやかぶとを飾る意味
端午の節句によろいやかぶとを飾るのも、武家社会から広まった風習です。現在でも「子どもを事故や病気から守る」という意味で飾られていますが、当時は文字通り命に直結する道具だったので、これらを神社に奉納して祈りをささげ、息子の無事を願ったのです。 ちなみに、購入する時によろいと兜のどちらを選ぶかという問題ですが、跡取りである長男なら将軍の色を表す赤のよろいがおすすめです。しかし、特にこだわりがない場合や飾るスペースに限界があるという場合は、コンパクトな造りの兜や人形でもかまいません。

こいのぼりの由来
端午の節句になると、あちこちの家庭で見られるこいのぼりは、江戸時代の庶民が発明したものです。中国の黄河上流に「龍門」と呼ばれる滝があり、この激流を見事登りきった鯉には霊力が宿って龍になるという言い伝えがありました。また、日本で将軍に子供が生まれるとのぼりを立てて祝ったことなどをヒントに考え出され「この鯉のように、人生のどんな苦境にも負けない強い子に育ちますように」という意味を込めて飾るようになったのです。一番上にある吹き流しには、魔除けの意味があります。



季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。