• HOME
  • マナーを押さえて心を込めたお見舞いを!

「知り合いが入院してしまったのでお見舞いに行きたい」「自分が入院中にお見舞いをいただいた」……お見舞いに行くときのマナーやタブー、そしてお返しはどのようにすれば良いのか。今回は、そんなお見舞いのマナーをまとめてみました。

お見舞いが迷惑にならないか

知り合いが入院してしまったので励ましに行きたい、という気持ちがあっても、入院先での状況によっては、迷惑になりかねません。ですので、お見舞いに行っても大丈夫な状況かどうかを確認しておきましょう。
特に入院直後や、手術の前後などは避け、少し落ち着いてから訪問しましょう。訪問の際は少人数で伺う心遣いも必要です。また、病院の場合、入院患者への面会時間が限られていることがほとんどですので、事前に面会時間も調べておきましょう。

何を持参すれば良いのか
お見舞いのときに持参する贈り物として定番なのは、果物と花です。
まず果物ですが、症状によっては食事制限がかかっている場合があるので、事前に禁止されている食べ物を確認しておきましょう。
次に花ですが、花瓶がない場合も多いので、アレンジメントのようにすぐ飾ることができるよう配慮しましょう。また、根が付いている花は「(病気が)根付く」というイメージがあり、一般的に避けるのがマナーです。病院によっては、感染症予防のため、花の持ち込み自体が禁止されているところもありますので注意が必要です。
現金を持参する場合は、表書きを「御見舞」「祈御全快」などとしたのし袋で渡すのがマナーです。目安は3,000円から10,000円とされています。

訪問する際のマナー

病院は、病気を治す施設ですので、華美な格好は禁物です。逆に、黒のみの服装も喪服を連想させるので避けましょう。会話に関しても、症状に関して細かく聞くのはマナー違反です。気持ちが晴れやかになるような話題を中心にし、あまり長居をしないようにしましょう。

自分が入院した場合

逆に自分自身が入院し、お見舞いをいただいたときはどのようにお返しすれば良いのでしょうか?
のしの表書きは「快気祝」とし、いただいた金品の3分の1から2分の1を目安として、お返しの品を選びましょう。「快気祝」には「きれいに治った(病気がなくなった)」という意味から、飲食物や消耗品が良いとされています。

遠方の場合は宅配便という選択肢も

直接お見舞いに行けない場合やお返しが渡せない場合には、宅配便という選択肢もあります。のしもつけてくれますので、もし遠方の方へ贈りたい場合は、利用してみてはいかがでしょうか?
入院しているときは気が滅入るもの。その気晴らしになるような品を選んで、入院中の知り合いを励ましてあげましょう。


«参考»
お見舞いマナー|知っておきたい日常のマナー


季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。