• HOME
  • いざというときの香典のマナー

人との別れは突然に来てしまいます。通夜や告別式の際に持参する香典には、故人の宗教や生前のお付き合いによって、細かいルールがあります。いざというときに慌てないために知っておきたい、香典のマナーを紹介します。

香典とは?

香典とは、通夜や告別式に持参する、故人を偲ぶために供えるお金を指します。急な不幸には出費がかさむもの、その手助けのためという意味合いもあります。

のし袋の使い方

香典は普通、のし袋に入れて持参します。のし袋は白と黒の水引のものを使用し、表書きは、故人の宗教によって以下のように使用して良い言葉が異なります。

  • 仏式の場合……「御霊前」「御香典」「御香料」など
  • 神式の場合……「御霊前」「御玉串料」「御神前」など
  • キリスト式の場合……「御霊前」「御花料」「献花料」など
故人が無宗教であった場合にも「御霊前」とします。ただし、仏式であっても浄土真宗では「御仏前」としなければならず、宗派によってもマナーが異なります。水引の下にはフルネームを書きます。また、蓮の花がデザインされたのし袋がありますが、これは仏式の場合にしか使用できませんので注意しましょう。

香典の目安

香典を渡す人の年齢によっても変わってきますが、会社関係の場合、直属の上司や同僚が亡くなった場合は5,000円から10,000円が目安となります。また、親戚関係の場合は、10,000円から100,000円となり、そのお付き合いの深さにより金額が多くなります。両親の場合は、100,000円が妥当な金額です。
香典に使用するお金にはタブーがあります。新札は不祝儀袋にはなじまないという風習があるので、必ず使い古されたお札を使うのがマナー。もし新札しかない場合は、折り目を入れてから使用します。

持参するときの注意点

香典はそのまま持参するのではなく、必ずふくさに入れて持参します。そして、受付でふくさから取り出して渡します。渡すときには「このたびはご愁傷様です」とお悔やみの言葉を添えましょう。記名を求められることが多いので、記名してから一礼して会場へ入ります。

どうしても通夜・告別式に参加できない場合

通夜や告別式に参加すべきなのに諸事情で行けない……このような場合は、代理人に渡してもらうか郵送で送ります。
会社関係であれば、同僚に代理に香典を渡してもらいます。遠方の場合は、のし袋ごと現金書留用の封筒に入れて送り、同時に弔電を打ちます。
またお悔やみの言葉は、できる限り電話は避けましょう。葬儀の準備で忙しい遺族に電話で連絡するのは非常識とされています。

マナーを守って個人を偲ぶ

このように香典に関しては細かいマナーがありますので、マナーを守って個人を偲びましょう。不幸は遺族にとって、心の負担になるものです。その心遣いとなるのが香典ですので、遺族に失礼のないようにしましょう。


«参考»
香典|冠婚葬祭マナー&ビジネス知識
香典|早わかり葬儀参列


季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。