• HOME
  • 感謝の気持ちをお返しする内祝いのマナー

結婚・出産・就学時など、人生の節目でお祝いをいただいた方に感謝の気持ちを込めて贈る内祝い。贈るタイミングや、ギフトのセレクトなど、あまり知られていないマナーやタブーがあります。今回は、内祝いにおける基本的なマナーを紹介していきます。

出産内祝い

赤ちゃんが生まれたときに、出産祝いをいただいた方にお返しするのが出産内祝いです。もともとはお祝いをくれた方以外の親しい方々にも贈っていたもので、出産の報告を兼ねていました。 ギフトにかける金額は、頂いた品の3分の1から半返し(10,000円であれば3,500円から5,000円くらい)が一般的な目安とされています。香典返しでよく使われる日本茶、「くし」など「苦」「死」が連想される品物はタブーとされているので気をつけましょう。 出産内祝いは生後1か月くらいに合わせて贈ります。そのときに、赤ちゃんの写真と共にお礼の言葉を添えるとなお喜ばれることでしょう。

結婚内祝い

結婚式に出席した際に頂戴する引き出物は、平安時代から続く伝統的文化といわれています。その引き出物が結婚内祝いにあたりますが、結婚式に出席できなかった方々には別途贈ることになります。
ギフトの相場は半返しが一般的とされていますが、結婚式で渡す場合は、出席者一律で同じ品物を渡す場合がほとんどです。出産内祝いと同じく、日本茶や「苦」「死」を連想させるものはNGですが、ハンカチも日本語で書くと「手巾(てぎれ)」となり縁が切れることを連想させることから、選ばないのがマナーです。

全快内祝い・快気内祝い

新居へ引っ越した際にお祝いを頂いた方々へのお返しが新築内祝い・引越内祝いです。新築した場合は新築内祝い、中古案件に引っ越した場合は引越内祝いという言葉を使います。
一般的には新居披露というパーティーを開くのが内祝いとされていますが、最近では内祝いとして品物で返す人も多くなっています。相場は頂いた品の3分の1から半返しですが、灰皿など火に関するものは火事を連想させるので、避けるのがマナーです。
全体的な傾向ですが、内祝いは相手に合わせて選ぶのが大変なので、カタログギフトのような相手の好みで選べる商品が人気です。カタログギフトは、値段別に分かれているので、使い勝手もよくなっています。

のしはどのように書くのか

のしに関しては、どの内祝いも共通して、水引の上に「内祝」もしくは「出産内祝」のように目的を明確にする書き方をします。そして水引の下には、名字もしくはフルネームを書きます。

感謝の気持ちをこめて贈ろう

人生の節目を祝ってくれた方々に贈る内祝い。末永いお付き合いをしていく方々ばかりですので、心の底からの感謝の気持ちを込めて、マナーを守ってお返しするようにしましょう。


«参考»
内祝い・お返しマナーの基本|内祝い・お返しのマナー事典

季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。