• HOME
  • 出産祝いにまつわるマナーあれこれ

親戚や親しい友人に、無事に赤ちゃんが誕生したことを祝って贈る出産祝い。新しい家族の誕生を心から祝福したいですよね。しかしながら、出産祝いには何がいいのか?どのタイミングで渡せばいいのか?といった疑問も多いもの。そこで今回は、知っておくと役に立つ、出産を祝うときのマナーを紹介します。

2種類の出産祝い

出産祝いには「現金」と「品物」の2種類があります。親戚には「現金」、友人には「品物」が一般的ですが、その関係性によって変えても問題はありません。

「現金」を渡す場合
「現金」の場合は、親戚の場合は5,000円から、友人の場合は3,000円からが相場です。上限は特にありませんが、100,000円が妥当な上限の金額といわれています。 ちなみに結婚祝いでは20,000円、60,000円のように偶数がつく数字は嫌われる(割ることができる……別れるという意味になるので)ことが多いですが、出産祝いに関しては気にする必要はありません。ただ40,000円、90,000円のように4と9がつく数字は、「死」「苦」を連想させるので、マナーとして避けるようにしましょう。 のしには、水引の上に「御出産祝」または「御祝」と書き、下には姓またはフルネームを書きます。

「品物」を渡す場合
出産祝いを「品物」で渡す場合の相場は、お付き合いの程度に応じて5,000円から10,000円が一般的なマナーです。のしは、包装紙の上からかける外のしと、包装紙の中の品物に直接かける内のしがありますが、出産内祝いでは内のしのほうが好まれるようです。
「品物」の場合、他の人と同じものを送ってしまう可能性がありますので、友達同士では相談をしてから選んだ方が良いでしょう。また送る相手の生活スタイルも考えて選ばないと、せっかく高価なものを送っても使ってもらえないという悲しい事態になってしまいます。
出産祝いの「品物」を選ぶポイントは以下の通りです。

  • 他の人が選ばないようなものを選ぶ
  • 相手がほしがっているものを選ぶ
  • 赤ちゃんが使っている姿を想像する
これらを検討しながら選ぶと、おのずと絞られてきます。ベビー下着などはすぐ必要になりますが、用意していることも多いので、迷ってしまった場合はおもちゃや絵本などが喜ばれます。ベビー服は大きめのサイズを選ぶと長い期間使えますが、2人目の赤ちゃんの場合はおさがりがあることもお忘れなく。最近では名前入りのプレゼントも人気です。赤ちゃんバッグやタオルなど、赤ちゃんの名前を入れたオリジナルグッズは、やはり特別なもの。インターネットの通販などでも対応してくれる商品も増えています。

出産祝いを渡すタイミングとお返し

出産は体力を必要としますので、出産直後に出産祝いを渡すのは避けるのがマナーです。出産から一週間以降に渡すのが一般的で、どうしても出産直後に渡すタイミングになってしまった場合、長居は避けましょう。 とはいえ、お祝いの言葉はすぐかけてあげたいもの。そのときは、メールや電話などで「おめでとう」を伝えて、生活が落ち着いてから出産祝いを渡しに行きましょう。遠方の場合は、宅配便を使うと便利です。 また出産祝いをもらったときは「内祝」というお返しをしますが、生後一カ月以内を目安に、御礼の手紙と写真を添えて送ると、出産祝いを贈った方も更に喜びが増します。


贈りたいギフトより贈られたいギフトを

出産祝いに迷ったら、贈りたいギフトよりも贈られたいギフトを念頭に選べば、相手にも喜ばれる贈りものになるはずです。赤ちゃんの顔を想像しながら、ギフト選びを楽しんでください。


«参考»
意外と大切、出産祝いのマナー!

季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。