• HOME
  • 結婚にまつわるマナー

結婚といえば人生の中でも最大のイベントのひとつ。結婚式にお呼ばれした際には、新郎新婦の門出を心から祝福してあげたいものです。しかしながら、ゲストとしておさえておくべきマナーもあります。そこで今回は、幸せに水を差さないよう、結婚式に招待された際に知っておくと安心なマナーについてご紹介します。

結婚式に招待された側のマナーあれこれ

結婚式に招待された場合、いろいろなことが想定されますので、時間軸を追ってどのようなことに気をつければいいのかを紹介しましょう。

招待状へはできる限り早いリアクションが鍵
まず招待状が送られてきたら、出欠の返事をできる限り早く返しましょう。結婚式の出席者数は重要要素ですので、早い結論は新郎新婦に喜ばれます。このとき、はがきに印刷されている宛名の「~行」は「~様」に変え、「ご出席」「ご欠席」の「ご」は二重線で消すのをお忘れなく。

結婚式・披露宴におけるマナー・祝儀編
結婚式に出席する場合、受付でご祝儀を渡すことになりますが、バックから裸で出すのではなく、ふくさなどに包んでおいて出すのがマナーです。友人の結婚式に出席する場合、相場としては30,000円が一番多くなっています。また、20,000円や40,000円のように偶数が入ってしまう金額は「割れる=わかれる」の意味になるため、避ける傾向にあります。

また、親族の結婚式の場合は、そのお付き合いの程度やほかの親戚との相談で決めた方が、のちのちのためにも良いでしょう。

結婚式・披露宴におけるマナー・服装編
結婚式へはおしゃれをして出かけたいもの。最近では、カジュアルなパーティースタイルも増えているようですが、以下のような服装はいくら晴れの日とはいえ、避けた方が良いでしょう。

  • 過度に露出しているもの
  • 白がメインの服装(白は花嫁の色です)
  • 派手なメイク
  • カジュアル過ぎる靴
男性の場合、ノーネクタイで出席すること自体は問題ありませんが、襟元がはだけないようにし、チーフをまくなどするとグッとフォーマルなスタイルになります。

結婚式・披露宴におけるマナー・式での過ごし方編
結婚式でバージンロードを踏んでしまう、披露宴でスピーチ中に立ち上がるのは絶対NG。余興などに出る場合は、新郎新婦の親族もいる手前、下品になり過ぎないように気をつけましょう。
また友人代表挨拶や、突然のスピーチを依頼されたときは、最大限丁寧な言葉遣いに気を払いましょう。また「忌み言葉」と呼ばれる「きれる」「わかれる」などの不吉な言葉・別れを連想させる言葉や、再婚を連想させる「たびたび」「いろいろ」などの重ね言葉は避けましょう。

晴れの日は、平穏無事で幸せを祝おう

このように結婚にまつわるマナーは、細かいものを含めいろいろとあります。幸せな一日を無事に過ごせるよう、しっかりと基本的なマナーを押さえておきましょう。


«参考»
結婚式に出席する際のマナー

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。