• HOME
  • 新生活の門出に贈る引越祝いのマナー

親戚や知り合いが新居に引っ越しするときに必要となるもの……それが「引越祝い」です。どのような贈り物をどのくらいの予算で贈れば良いのか、のしはどうすれば良いのかなど、意外と知らないことは多いものです。そこで今回は、引越祝いの基本的なマナーをご紹介します。

新築祝いと引越祝い

引っ越しの際のお祝いは、厳密には「新築の家へ引っ越しする場合」に贈る「新築祝い」と、「新築以外の家へ引っ越しする場合」に贈るシンプルな「引越祝い」とがありますが、ここでは総合的に「引越祝い」と表し、共通のマナーをご紹介します。

引越祝いを贈るタイミング

基本的には引越祝いには品物を贈ることが多いようですが、親族であれば現金を包む場合もあり得ます。贈るタイミングですが、新居披露パーティーがあった場合はそのときに、なかった場合は引っ越し後の2か月以内に贈るようにしましょう。

引越祝いの表書きと相場

のし紙には紅白の花結びの水引があるもの(いわゆる祝い事用)を使用します。表書きは「御新築御祝」「御新居御祝」「御餞別」「御祝」と書き、水引の下にフルネームで自分の名前を書きます。包む相場は5000円から10000円程度とされています。品物に関しては、商品券やギフト券が人気。インテリア系の置物などは趣味が合わず、もらっても困ってしまうご家庭もあるでしょうから、控えたほうが無難です。

絶対に贈ってはいけないタブーな品物

引越祝いには、絶対に贈ってはいけないタブーの品物があります。それは火に関するものです。火事を連想させてしまうので、せっかくの新生活に不向きとされています。具体的にはストーブや灰皿など。また「傾く」など、家の倒壊を連想させるようなものもタブーとされているので、傾斜のついた品物は避けたいですね。 また、先方が目上の方の場合、スリッパやマット類など足で踏んでしまうものや、「時間厳守」という意味合いに取られてしまいかねない時計も失礼にあたります。

引越祝いのお返しは?

自分が引越祝いをもらった場合には、お相手を新築・新居披露にご招待しましょう。また、品物を贈り返す場合には「内祝」の表書きで、いただいた金品の半額相当の品物をお返しするのが一般的です。タオルや石けんなどの日用品やお菓子などが、お相手の負担になることのない、無難なセレクトです。

やはり新居での新生活は気持ち良く迎えて欲しいもの。そのためにも、相手に喜んでもらえるような引越祝いを選ぶよう心がけましょう。

«参考»
「引越祝いでほしいもの・困るもの」



季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。