• HOME
  • 手土産の基本マナー

年末に向けて、親戚や知人などのお宅に訪問する機会も増えてきます。その際に必要になるのが手土産。しかしながら、どんな手土産がいいのか、どのように渡せばいいのか、意外に知らないマナーも多いのです。手土産の基礎的なマナーについてご紹介しましょう。

まずは手土産を選ぶ

手土産のセレクトは一番気を遣うとことでもあり、悩むところでもあります。せっかくの手土産ですから、相手が喜ぶ品を選びたいところです。一般的な手土産は菓子折りなどの食品です。訪問先が遠方の場合は、地元の銘菓、物産品が良いでしょう。ただ注意しておきたいのは日持ちです。すぐに賞味期限・消費期限が来てしまうものはあまり印象が良くないので避けましょう。 手土産を選ぶ際にポイントになるのは、相手の家族構成や嗜好です。同僚や親戚など、普段から付き合いのある場合は、これまでの会話を参考にその家族に合う品を選ぶようにしましょう。

のしをつけるかつけないか

手土産を選んだあとは、のしをつけるかつけないかを選びます。のしをつけると格式高い印象になりますので、堅い雰囲気を避けるためにのしをつけないという選択もあります。一般的には「御挨拶」「御礼」などが多いようです。

どのタイミングで渡すのか

手土産を渡すタイミングですが、基本的には挨拶が済んでからになります。お宅に到着し、いきなり玄関先で渡さず、部屋に通されてからお互い挨拶をし、このタイミングで渡します。 手土産がアイスなどすぐに冷凍した方がいい場合はこの限りではありませんが、必ず手土産の内容を伝えてから渡すようにしましょう。また手土産を入れてきた紙袋ですが、これは「ほこりよけ」のためのもの。ということは、紙袋のまま相手に渡すのは失礼にあたるので、必ず手土産を出して、のしをつけている場合は方向を確認してから渡しましょう。紙袋はそのまま持って帰るのがマナーです。

渡すときにどのような言葉を添えるか
一般的には「つまらないものですが」と一言添えるといわれていますが、最近はへりくだり過ぎるのもどうかという意見もあり、ご自身の気持ちを伝えるのはいかがでしょうか。「心ばかりですが」「いつもお世話になっております」など、これまでの感謝を言葉にして心を込めて渡したいものです。

手土産は日ごろの感謝の気持ちを形にしたものです。相手に喜んでいただけるような品を選んで、気持ちが伝わるように渡すことで、その後の関係性もさらに発展していくことでしょう。



季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。