• HOME
  • ホワイトデーのお返しで喜ばれるもの

本命なのか、義理なのかに関わらず、女性にお返しをするのがホワイトデー。売り場に行っていざ選ぼうとして、商品の種類が多すぎて途方に暮れてしまう人も多いのではないでしょうか? 特にホワイトデーをきっかけに、これからのお付き合いにつなげていきたい本命の女性や付き合っている恋人には、ポイントを外さないとっておきのプレゼントを贈りたいですよね。
では、本命と義理それぞれ、女性がもらってうれしいお返しとはどんなものなのでしょうか?

売り場選びのポイント

センスの良いお返しを選びたいなら、売り場にこだわることも必要です。 おすすめはデパート。女性が喜ぶツボを抑えたプレゼントが豊富にそろっている上、誰に渡しても恥ずかしくないラッピングをしてくれるので外す心配がないのです。また、商品に対する専門知識を持った店員さんがプレゼント選びの相談に乗ってくれるため、より的確なお返しを選べます。
また、ネットショッピングを活用するのも一つの方法です。男性が女性へのプレゼントを選ぶのは人目が気になるものですが、自宅でじっくり商品を選ぶことのできるネットショッピングならそんな心配は無用。しかも、商品ごとに実際に購入した人のレビュー(感想)が載せられているので、選ぶ際の参考になります。24時間いつでも買うことができるので、忙しくてデパートの営業時間内に行くことができない男性にはもってこいでしょう。

本命の彼女へのプレゼント選び

大切な本命の彼女へは、真剣度が伝わるようなプレゼントを選びたいですよね。義理のお返しとの差別化を図るためにも、じっくりと時間をかけて検討していきましょう。

こんなものが喜ばれる!
甘いものが苦手な女性でなければ、まず喜んでもらえるのが有名菓子店のスイーツ。値段もそれなりにするので受け取る側も「もしかして本命?」と気付きやすく、まだお付き合いする前の段階であれば、ちょうどこのぐらいのプレゼントが重くなりすぎないラインです。
すでにお付き合いしている彼女なら、好きなブランドをリサーチしてジュエリーを贈るのも良いでしょう。 また、思いきって手作りに挑戦してみるのもおすすめです。特に、普段あまり料理をしない男性なら「私のために、わざわざ作ってくれた」と感激してもらえる可能性が高いでしょう。慣れていなければ、溶かしたチョコを固めるだけの簡単なものでかまいません。喜んでくれる姿を思い浮かべながら、心を込めて作りましょう。

渡し方のポイント
本命の女性にホワイトデーのプレゼントを渡す時は、時間や場所にもこだわってムードを演出しましょう。いつもより高級なレストランで食事したり、雰囲気の良いバーでお酒を飲んだりした後でさりげなく渡すというようなシチュエーションに女性は弱いものです。少し勇気が必要かもしれませんが、一緒に花束も用意しておくとより効果的でしょう。 また、お付き合いしている相手なら、スイーツを一緒に食べるのも「恋人同士」という感じがしてGood。特に、自分で作ったものなら「ここが難しくてちょっと失敗しちゃった」などと話を盛り上げやすいですよね。

義理の相手へのお返し選び

義理の相手にホワイトデーのお返しをする場合は、相手との関係を考慮しながら選びましょう。気のおけない友人ならギャグに走ったおもしろいグッズで盛り上がるのもいいし、職場の同僚なら無難なお菓子にしておくのがベストでしょう。
避けたほうが良いのは、手作り品や高級品など。相手に自分への特別な感情がなければ「なんで?重い」と思われてしまうし、告白と受け取られる可能性もあります。 また、渡す時は軽い調子で「バレンタイン、ありがとう!」と渡してしまいましょう。あくまでもコミュニケーションという感じを演出するのが、余計な誤解を生まないコツです。

本命と義理は分けて考えよう

あまり女性へのプレゼント選びに慣れていない男性は、ホワイトデーのお返しの際、本命用と義理用を同じものにしてしまうことがあります。しかし、これはどちらにもあまり良くない方向へ誤解されてしまいかねません。気合を入れたい本命と、あくまでもお返しにすぎない義理とでは、ホワイトデーに選ぶプレゼントの内容や渡し方にも差をつけていきましょう。



季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。