• HOME
  • 知ってるようで知らない、ひな祭りに関する由来や決まりごと

毎年、3月3日に行われる桃の節句・ひな祭り。かわいらしいひな人形を飾ったり、おめかししてパーティをしたりと、女の子にはとても楽しみな行事です。このひな祭り、どのようなことがきっかけで始まったのかご存じですか?実は女の子のお祭りではなかったという説もあり、なかなか奥が深いものなのです。
そんな興味深いひな祭りの由来から、ひな祭りには欠かせない料理の作り方やその意味、地方ごとに特色のあるお祝いの仕方などについてご紹介します。

ひな祭りの由来

ひな祭りのルーツは、3世紀頃の中国で行われていた五節句です。五節句には他に端午・七夕・七草がゆ・重陽がありますが、重陽以外は日本でもおなじみです。 中国では、体調を崩しやすい季節の変わり目に川の水で手足を清めるという風習があり、これによって汚れをはらっていました。その頃、日本では紙や草木を自分の身代りとして川に流し、汚れをはらうということが行われており、これが中国から伝わったみそぎの神事と結びついてひな祭りの起源となったのです。この風習は、現在でも「流しびな」と呼ばれて受け継がれています。
ただし、この頃のひな祭りはまだ女の子のための行事ではなく、あくまでも神聖な儀式でしかありませんでした。それが今日のような形式へと移り変わっていったのは江戸時代のこと。徳川家康の孫娘である東福門院が自分の娘のために作らせた男女の人形が上流階級の人々の間に広まり、徐々に浸透していったのです。そして、徳川幕府によって3月3日が五節句の一つとして定められ、女の子の息災を願う行事として行われるようになりました。当時はそれぞれの家が競って豪華な人形を作らせることに熱中したため、最初は一対の男女しかいなかったものがどんどん数が増え、現在のような七段飾りにまで発展したといわれています。また、娘を嫁がせる際の嫁入り道具としても大いに活躍しました。

地方ごとの楽しみ方

現在ではすっかり全国各地に浸透しているひな祭りですが、実は地方ごとに独特の楽しみ方があるようです。その中でも特にインパクトのあるひな祭り2つをご紹介します。興味をひかれるものがあればぜひ体験してみてください。

岐阜県飛騨高山

「飛騨高山ひなまつり」が開催されますが、市内のあちこちにたくさんのバラエティ豊かなひな人形が飾られる様は圧巻です。 ひな祭りといえば3月3日ですが、春の訪れが遅い岐阜の飛騨高山では一カ月遅れの4月3日にお祝いをします。毎年3月1日~4月3日まで

埼玉県鴻巣市

ひな人形の制作として約380年の歴史を誇る鴻巣市では「日本一高いピラミッドひな段」を見物できます。メイン会場の鴻巣市役所に飾られるひな段は、なんと31段!高さは約7mもあるというのですから驚きですね。

ひな祭りの料理に込められた意味とレシピ

ひな祭りのお祝いで出される代表的な料理といえば「はまぐりのお吸い物」と「ちらし寿司」。はまぐりの貝殻はもともとペアになっているもの同士しか合わないので、生涯を決まった相手と幸せに暮らせますようにという願いが込められています。 また、ちらし寿司がひな祭りによく食べられるようになった由来は、具のえび=長生き、れんこん=将来の見通しがきく、豆=健康でマメに働けるという意味があるからのようです。

はまぐりのお吸い物の作り方
1.はまぐりは薄い塩水につけて砂抜きをする
2.鍋にだし汁、塩、みりん、しょうゆ、はまぐりを入れて煮立て、貝の口が開いたら器に盛り、刻みねぎを散らす。

ちらし寿司の作り方
1.炊きたてのご飯にすし酢を混ぜ、うちわであおぎながら切るように混ぜ合わせる。
2.えびは酒と塩を加えた湯でゆで、れんこんは砂糖・塩・酢の中で煮る。薄焼き卵を作り、細長く切って錦糸卵を作る。
3.器に冷ましたすし飯を盛り、その上から具を飾っていく。最後に桜でんぶと大豆の水煮を散らしてできあがり。

ひな祭りは神聖な儀式から始まった

現在では女の子のためのお祭りとして定着したひな祭りも、もともとは中国で汚れをはらうために行われていた神聖な儀式が由来だったのですね。華やかなお人形を飾ったり、縁起の良いものを食べたりするところからは、大切な娘の幸せを願う親の気持ちが伝わってきます。住居のスペースに限界がある場合は七段飾りなどなくても良いので、ぜひ家族みんなでお祝いをしてみてください。



季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。