• HOME
  • お年賀のマナー

年始の挨拶で必要なものといえば「お年賀」。ビジネスでお世話になっている方、身内など、相手によって年始にふさわしい贈り物やのしの表記には違いがあります。しかし、なかなかどうしたらいいのかわからないもの。そこで今回は、訪問のタイミングやその際の振る舞い、相手が喪中の場合などの基本的なマナーを紹介していきます。

そもそもお年賀とは何?

お正月といえば、年賀状やおせち料理、お年玉などが想像されますね。そういった古くから伝わる習わしのひとつに「お年賀」もあります。 古くは、お正月には、年神様をお迎えして祀る習慣がありました。年の初めに、神社や寺社を訪問する際、年神様への供物を「御歳魂」と称し、神棚や仏壇へ持参した習わしが起源といわれています。時を経て、現代では、目上の方やお世話になった方々に対する、年始の挨拶の際の手土産を指すようになりました。

訪問のタイミング

正しくは1月1日から3日の三が日の間に、年始挨拶の手土産を直接持参するのが礼儀と言われています。どうしても都合がつかない場合は松の内に訪問するのが良いでしょう。この「松の内」ですが、地域によっては1月1日から7日まで、1月1日から15日まで、と捉え方が異なるため、先方の地域事情をご確認ください。 また最近では、宅配サービスを利用して年始のご挨拶代わりにしている方も増えています。もし訪問のタイミングを逃してしまった場合は、「お年賀」ではなく「寒中見舞い」として持参もしくは発送しましょう。

贈り方のマナー

お年賀の贈り物に使用する「のし」は、紅白5本もしくは7本の花結びが付いたデザインを用います。表書きは「御年賀」とし、名前はそれよりも小さめにフルネームで書きます。 お相手に喜んでもらってこそのお年賀ですので、何を贈るかについては相手の嗜好や家族構成などを考慮し、予算に見合った贈り物を選ぶようにしましょう。ちなみに、お年賀の予算は3000円前後が相場のようです。

お年賀をいただいたときのお返し

お年賀は直接訪問する際の手土産ですので、受ける側も、訪問してもらったことへの手土産を返礼として用意するのが礼儀です。宅配で届いた贈り物には、宅配での返信でも構わないでしょう。表書きは「松の葉」や「御礼」が一般的です。

喪中の場合

贈る方・受け取る方のどちらかが喪中の場合は、松の内を外して訪問し、お年賀の表書きは「寒中見舞い」にするのがマナーとされています。先方の状況を伺うために、年末にそれとなく近況を尋ねる連絡をしてみるといいでしょう。

新しい年を迎えると、生活面も気持ちの面でもすべてが新しくなります。お互いに清々しく迎えたいものですね。そのためにも、お相手の笑顔を想像しながら、年の初めの景気づけとなるようなお年賀を用意しましょう。



季節の行事と贈り物のマナー TOPへ

ホームへ

クロネコ美味紀行は、全国各地の産地直送の味をお取り寄せする通販サイトです。